読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

virgo catの日常生活を伝えるブログ

virgo catの伝えたい事や気になることを伝えていきます!

最近の記事・・・どうよっ!?

どうも、virgo catです。

あのですね、最近気づいたんですが・・・

このブログちゃんと日常生活伝えられてる!?

最近自分の趣味嗜好の話しかしないじゃないですか?

もう1回このブログのタイトルを見てみましょう。

日常生活を伝えるブログって書いてあるじゃないですかぁぁぁ!ちゃんと!

一応ネタあるんですけど書いてないんですよ。「東方」と「ごちうさ」につられて。

なので、書くときは1つ以上は日常ネタ入れますね(笑)

 

今回は長くなりそうなのでラインナップ書いておきますね↓

みたいところだけ見てもいいかもしれませんね。

それでは、はじめから。

 

最近の学校について

2日前ぐらいですかね?

面白いことがあったんですよ(笑)

休み時間に「憑物語」を読んでいたら男子が来て、「これなんて読むの?」って聞いてきたんですよね。

1つのファイルが机に置かれたのですが・・・

f:id:a0h9i0r3u:20140530223148p:plain

何のファイルだろう?って思ったら・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:a0h9i0r3u:20131029190520j:plain

!?

えっ・・・これって確か・・・

まどまぎ!?

下「ローソン」って書いてあるんですけど・・・。

まさか限定商品かっ!?

まぁ、私自体「まどまぎ」あんまり知らないんですけど・・・。

名作らしいですよね。

でも、何かの番組でやっていた「マミる」シーンが強烈過ぎて「あぁダメだ。これ見れないな」って思ったのを覚えているんですよね・・・。

話を戻して・・・まぁ、出来る限り翻訳して「これって誰の?」って聞いたら・・・

「わからない」

って答えが返ってきたんですよ!?

いやいや、ほんとに誰ですかって思ったんですが(笑)

大事にしないと。

その後、教室の後ろに飾られてましたが(ちなみにまどまぎを知っている人は少なかったです・・・放送されてないからなぁ)次の日になって消えたところを見ると持ち主のところに帰ったみたいですね。

 

それと掲示板の部活動紹介のところにもう1つ気になったのがあったのですが(写真を撮ろうとしたけど周りの目が気になってとれていませんでした(笑))ようやく撮れたので公開!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:a0h9i0r3u:20140606220608j:plain

こちらもまどまぎ(笑)

前回は咲夜さんでしたけどね。

f:id:a0h9i0r3u:20140416185538j:plain

・・・何でしょう?こうゆうのに詳しい人多いんですかね(笑)

 

別の話。

テストがあったんですけど、学校の専門分野のテストで・・・

100点取りましたよおおおぉぉぉ!!!

初!

今までで!(もちろん小学生のころを抜いて)

Kさんいつもこんな感じだったんだろうなぁ・・・98点とって落ち込むわけだ。

まぁ・・・でも、レベルの低いところなので・・・。

気を抜かずに頑張ろうとは思いますが。

 

最近あった出来事といえばこんな感じですね

 

今日のミスド

ミスドTime!ぱないの!

f:id:a0h9i0r3u:20140530182518j:plain

食べたのは「ポン・デ・抹茶チョコ」と「クランツリング ハニー」です。

 

「ポン・デ・抹茶チョコ」から。

「え~?抹茶?まずいんじゃないの?」という意見がありますが、案外おいしいですよ?

最初抹茶シリーズ食べたときは、何時間ものどに味が残り嫌な感じでしたが・・・(笑)慣れるとおいしく感じてきました(のどにも残らなくなりましたし)

まぁ、好みが分かれますね。これは。

 

「クランツリング ハニー」

最近出た「フレンチクルーラー」に似た商品の「ハニー味」です。

似てると言っても、形だけで食感は別物ですね。

フレンチクルーラー」は柔らかくふわふわしていますが、「クランツリング」は名前からもわかるようにサクサクしています。

一度ハニー系を食べたことがある人はわかると思いますが、サクサクの食感にあの味です。

最近は蜂蜜を「コーヒーの花からとった蜂蜜」にしているらしいので、コーヒーとの相性がいいと聞きましたが・・・

飲めないんですよね・・・はい。

「ミルクと砂糖多めで!」って感じです。

 

以上。「今日のミスド」でした!

 

「小説」「実況プレイ」どんな感じ?

小説の方から。

「小説を書きたい人の本」っていうのを最近買ったんですよ。

新版・小説を書きたい人の本

新版・小説を書きたい人の本

 

 今読んでいる途中ですが、結構ためになりますね。

まだ書いてはいませんが、この本のおかげでいろいろ書けそうです(後はいろんなストーリーを思い付けば・・・)

 

続いて「実況プレイ」

Ibの製作者さんに問い合わせて注意点などを聞きました。

聞かないで出していたら削除対象でしたね・・・。

修正中ですがもう少し時間がかかりそうです。

楽しみにしていてくださいね!

 

最近になってアニメが見たくなった理由

言ってしまえば簡単。けれど複雑です。

憶えてますかね?あのストーカー事件。

終わった後なのであまり書きたくはありませんが・・・実は続きというか後日談があります。

「2年の時の先生が結婚するから何か作ろう!」という話が持ち上がり2年の時の私のクラスの人達が春休み、そして卒業後にもかかわらず学校に来ることになったんです。

まぁ、皆さん大体予想がついていると思いますが・・・

2年の時の生徒に奴がいたんです。

教室行ったらもちろんいるじゃないですか?

でも、必ずということだったので行かなくちゃいけなかったんです。

あいつ、しきりに携帯で友達の写真撮ってるなぁと思ったら・・・

あれは絶対私を撮っていた。

だって、私の近くにいる友達しか撮らないんですよ?

ばっちり入っちゃってるし。

全部顔は背けましたが。

壁紙にでもするつもりだったんでしょね。

今は学校が違うので大丈夫ですが・・・。

 

で、なんでこの話がアニメにつながるのかというと・・・

その後も怖かったんです。

もう来ないとわかっていても「後ろに誰かいるんじゃないか」とか「突然家に入り込んでくるんじゃないか」とか・・・。

考えすぎじゃないか?と思うと思いますが考えてしまうんです。

もう恋愛恐怖症なんですよ?私。

恋なんてできませんよ。たぶん友達も・・・無理。

自業自得なんですけどね。私がかわいそうだなんて思っていなければ・・・。

優しさってなんなんだろう?って思いますよ。

今までやっていた親切がこんな風になって帰ってくるなんて・・・。

心の傷を癒そうと思い、アニメを見始めました。

見ているとき、忘れられるんですよ。いろんな事。

趣味をやっているときは大体忘れますけどね。

アニメの中の恋愛とかも普通に見られるんです。

幸せそうで、平和で、ありえなくて、面白くて、時折残酷だけど勇気をもって立ち向かって・・・。

だからこそ好きなんです。幸せなんです。

嫌なこと一切忘れて見られるんです。

今まで、アニメなんて全然見ていなかったけど、放送すらされていなかったけど、それでも探して、嫌なこと忘れて・・・。

 

これが私の、最近になってアニメを見始めた理由です。

 

ご注文はうさぎですか? 感想会2

ご注文はうさぎですか?「小麦を愛した少女と小豆に愛された少女」第2羽感想

f:id:a0h9i0r3u:20140531000916p:plain

コ「この前お客さんに、ココアちゃんはシスターコンプレックスだねって言われちゃった♪」

唐突すぎるココアちゃんのセリフ(笑)

 

f:id:a0h9i0r3u:20140531001112p:plain

チ「・・・えぇ?」

・・・まぁ、そりゃそうなりますよね(笑)

 

f:id:a0h9i0r3u:20140531001323p:plain

あろうことかリゼちゃんにも報告。

ココアちゃん・・・将来が心配です・・・。

 

さぁ、今回も感想会始めていきますよ!

f:id:a0h9i0r3u:20140523205142j:plain

 

f:id:a0h9i0r3u:20140531002016p:plain

 

f:id:a0h9i0r3u:20140531002051p:plain

何やらポーズをとっているココアちゃん。

なにかあったのでしょうか・・・っと服が違う!?

どうやら新しい学校の制服みたいですね。

 

f:id:a0h9i0r3u:20140531002345p:plain

コ「チノちゃんの中学校の制服、かっわいい~っ!」

チノちゃんも制服ですね。

・・・とココアちゃん、チノちゃんの帽子の中にティッピーがいると思ったようで・・・。

 

f:id:a0h9i0r3u:20140531002736p:plain

コ「・・・あれ?」

チ「・・・何を期待していたんですか?」

いやいや、さすがに学校には持ち込めないでしょう(笑)

 

登校途中、チノちゃんと分かれリゼちゃんと会ったココアちゃん。

f:id:a0h9i0r3u:20140531003255p:plain

コ「リゼちゃん制服かっこいい!」

リ「べ、別に普通だろ?」

リゼちゃんはよくデレますね(笑)

コ「ねぇねぇ、制服交換してみない?」

リ「自分の学校行けよ・・・遅刻するぞ?」

ココアちゃん、自分が何しに行くのか忘れてるような・・・?

コ「じゃあ、またお店でね!」

リ「あぁ。迷子になるなよ~!」

この言葉でフラグが立ちました。

リゼちゃんが歩いていくと・・・

コ「あっ!リゼちゃんまた会ったね!」

・・・え?

曲がり角で・・・

コ「すご~い!また会った!」

ちょっ・・・。

向こうの階段から・・・

コ「あれあれ~?まただ~」

 

 

f:id:a0h9i0r3u:20140606221631p:plain

リ「わ、私は異次元に迷い込んだのか!?」

コ「どうしたの・・・?もしかして、迷子?」

・・・ココアちゃん・・・あなたが迷子です・・・。

 

ココアちゃん野良ウサギを発見。

野良ウサギって・・・?

すると隣に一人の少女が。

f:id:a0h9i0r3u:20140606222542p:plain

どうやらこの子、うさぎに栗ようかんをあげようとしていたみたいです。

・・・いや、さすがに食べない(笑)

ココアちゃん、栗ようかんをもらってその子と話し始めました。

 

f:id:a0h9i0r3u:20140606223654p:plain

?「ココアちゃん?あったかそうな名前!私は千夜よ。」

こちら、「宇治松 千夜」(うじまつ ちや)。

「甘兎庵」という店で働いているおっとりとした子です。

 

のちに、千夜ちゃんがココアちゃんと同じ高校だとわかり・・・

コ「あっ!入学式遅刻しちゃう!千夜ちゃん、一緒に行こ!」

千「え?・・・でも今日は・・・。」

コ「早くっ!」

 

・・・しばらくして・・・

 

コ「あれれ~?戻ってきちゃった!」

さすがココアちゃん(笑)

千「ちょ・・・ちょっと待って・・・。あのね、うちの学校、入学式は明日なの・・・。」

コ「・・・え?」

やっぱり(笑)

まぁ、学校に行くんだったら千夜ちゃんも制服のはずですしね。

コ「うわあぁぁ!恥ずかしいぃぃ~!」

ココアちゃん、ちゃんと恥らいました。

キルミーのやすなちゃんみたいに鈍感だと思っていましたけどね・・・(笑)

千「ココアちゃんが迷わないように一緒に学校へ下見に行きましょ?」

コ「・・・!め、女神様っ!」

 

そんなこんなで一応学校へ来ました。

しかし・・・

千「(あ、ここは中学校だったわ。卒業したの忘れて間違えちゃった♪)」

・・・さ、さすが千夜さん・・・。

 

午後。ラビットハウスでは・・・

チ「ただいま・・・。高校の方はどうでしたか?」

コ「・・・っ!この街ってかわいい建物が多くて素敵だよね!」

チ「・・・そうですか・・・高校はどうでしたか?」

コ「まるで童話の中の町みたいだよね!」

チ「・・・高校は・・・。」

コ「聞かないでっ!」

・・・お姉ちゃんとして間違えただなんて言えないですよね(笑)

 

・・・次の日・・・

コ「千夜ちゃんと同じクラスになるなんて!」

千「ココアちゃん、学校でも迷子になっててびっくりしちゃった!」

マジですか(笑)

そして気にしないんですね(笑)

 

パン屋さんを発見。

コ「実家がパン屋さんでよく作ってたんだ。また作りたいなぁ。」

千「お手製なの?すごーい!」

コ「パンを見てると私の中のパン魂が高ぶってくるんだよ!」

千「わかるわ!私も和菓子を見てるとアイディアが溢れてくるの!」

千「でもでも、何よりも好きなのは・・・」

f:id:a0h9i0r3u:20140606231831p:plain

千「出来た和菓子に名前を付ける事!」

・・・まぁ、名前を付けるとオリジナリティがでますよね。

ちなみにココアちゃんと初めて会った時も栗ようかんに名前を付けてました。

f:id:a0h9i0r3u:20140606232335p:plain

千「幾千の夜をゆく月・・・」

千「名付けて、千夜月!」

千「栗を月に見立てた栗ようかんよ!」

・・・わからなくもない(笑)

いいとは思いますけど、説明聞かないとわかりませんね・・・。

 

ココアちゃん、みんなとパンが作りたくなったようで、休みの日にラビットハウスでパン作りをはじめました。

f:id:a0h9i0r3u:20140606233538p:plain

千夜ちゃんも呼んだようです。

 

f:id:a0h9i0r3u:20140606233753p:plain

コ「みんな、パン作りをなめちゃいけないよ!少しのミスが完成度を左右する戦いなんだからね!」

 

f:id:a0h9i0r3u:20140606234037p:plain

リ「ココアが珍しく燃えているっ!このオーラ、まるで歴戦の戦士のようだっ!」

リ「今日はおまえに教官は任せた!よろしく頼むぞ!」

リゼちゃん・・・大げさに捉えすぎ(笑)嫌いじゃないですけど。

 

f:id:a0h9i0r3u:20140606234722p:plain

コ「私は新規開拓に、焼きそばパンならぬ焼きうどんパン作るよ!」

 

f:id:a0h9i0r3u:20140606234733p:plain

千「私は自家製の小豆と梅と海苔を持ってきたわ。」

 

f:id:a0h9i0r3u:20140606234746p:plain

チ「冷蔵庫に、いくらと鮭と、納豆とゴマ昆布がありました。」

 

f:id:a0h9i0r3u:20140606235419p:plain

リ「これって・・・パン作りだよな?」

ここではまだリゼちゃんの方がまともなようです(笑)

3人とも・・・何持ってきたんですか・・・?

 

チノちゃん、ドライイーストについて聞きました。

チ「ドライイーストって、パンをふっくらさせるんですよね?」

コ「そうそう!よく知ってるね!チノちゃん偉いえらい!」

コ「乾燥した酵母菌なんだよ?」

う~ん・・・詳しすぎる・・・。

数学次いで新たな特技が・・・。

と、チノちゃん、酵母菌と聞いて・・・。

f:id:a0h9i0r3u:20140607000410p:plain

チ「・・・っ!」

何やら危険なものと解釈したようで・・・。

 

f:id:a0h9i0r3u:20140607000555p:plain

チ「そ、そんな危険な物入れるくらいならパサパサパンで我慢しますっ!」

チノちゃん、結構かわいい一面も持ってますね。

そんなこと聞こえなかったようにココアちゃん、躊躇なくドライイースト投入(笑)

 

パンをこねる作業に移りました。

結構力がいるようで・・・。

コ「千夜ちゃん大丈夫?手伝おっか?」

千「ううん。大丈夫よ。」

千「(ココアちゃんに手間を取らせるわけにはいかないもの・・・。みんなについていけるって見せなきゃ・・・。)」

f:id:a0h9i0r3u:20140608211019p:plain

千「ここで折れたら武士の恥じぜよ!生きているわけにはいかんきん!」

だからあなた達はどこの時代の人ですか(笑)

パン作りは戦争なのか・・・。

 

生地も発酵させたところでいよいよ焼くようです。

それぞれ思い思いに形を作りました。

焼いている間にココアちゃんが千夜ちゃんにおもてなし。

f:id:a0h9i0r3u:20140608212305p:plain

前よりも上手くなりましたね。

コ「今日は会心の出来なんだ!」

ココアちゃんの自信作というのもあって、千夜ちゃんが飲むときに惜しそうにしていましたが・・・(じゃあ何のために作ったんだ・・・)

 

そうこうしているうちに完成。

f:id:a0h9i0r3u:20140608212939p:plain

みんなで試食会です。

どれもおいしかったようで・・・

コ「これなら看板メニューにできるね!」

f:id:a0h9i0r3u:20140608213337p:plain

千「この梅干しパン!」

 

f:id:a0h9i0r3u:20140608213405p:plain

コ「この焼きうどんパン!」

 

f:id:a0h9i0r3u:20140608213440p:plain

チ「焦げたおじいちゃん・・・。」

リ「・・・どれも食欲をそそらないぞ・・・?」

確かに(笑)

というか本当にその材料で作ったんですね。

 

ティッピーパンも作ったようです。

f:id:a0h9i0r3u:20140608213621p:plain

中身はリゼちゃんが持ってきたイチゴジャムなのですが・・・。

 

f:id:a0h9i0r3u:20140608213906p:plain

リ「・・・なんか・・・えぐいな・・・。」

これならママレード使った方がよかったような・・・。

まぁ、おいしいならいいということで!

 

後日、千夜ちゃんがパン作りを教えてもらったお礼にと3人を「甘兎庵」に招待しました。

この店、昔ラビットハウスとライバル店だったそうです。

何か因縁を感じる・・・。

 

f:id:a0h9i0r3u:20140608214553p:plain

コ「おれ・・・うさぎ・・・あまい・・・?」

リ「・・・あまうさあん、な。」

 

f:id:a0h9i0r3u:20140608214932p:plain

千「あら、みんないらっしゃい。」

どうやらこの服、店の制服だったよう。

 

ココアちゃん、店の中でウサギを発見。

f:id:a0h9i0r3u:20140608215212p:plain

こちら甘兎庵の看板ウサギ、「あんこ」。

よくカラスに攫われるうさぎです(笑)

 

よっぽどのことがない限り動かないそうですが・・・

f:id:a0h9i0r3u:20140608215527p:plain

チノちゃんに向かってダイブ!

コ「チノちゃん!大丈夫!?」

・・・と、心配すべきはチノちゃんではなく・・・

f:id:a0h9i0r3u:20140608215854p:plain

ティッピーの方でした(笑)

千「あれは一目惚れしちゃったのね・・・!」

コ「あれ?ティッピーってオスだと思ってた!」

チ「ティッピーはメスですよ。」

ここでティッピー、メスだと判明。

え・・・?でも、中身は・・・。

f:id:a0h9i0r3u:20140608220540p:plain

ティッピー・・・お疲れ様です・・・。

 

千夜ちゃんも抹茶のラテアートを作ったよう。

f:id:a0h9i0r3u:20140608220806p:plain

千夜ちゃんは浮世絵っぽいですね。

 

f:id:a0h9i0r3u:20140608221048p:plain

文字まで書くとは・・・。

 

3人ともメニューを注文しようとしましたが・・・。

f:id:a0h9i0r3u:20140608221237p:plain

わからんっ!

何気に「フローズン・エバーグリーン」と「夏の想い出ミルキーウェイ」が気になる(笑)

しかし、ココアちゃんにはわかるようで・・・

コ「じゃあ私、「黄金の鯱スペシャル」で!」

さすが・・・というよりここは似た者同士といった方がよさそうですね。

リ「よくわからないけど・・・「海に映る月と星々」で。」

チ「「花の都三つ子の宝石」・・・。」

それぞれ注文。

何が出てくるか不安です・・・。

 

ここで千夜ちゃんを見てリゼちゃんがここの制服を着たら・・・ということになりました。

コ「リゼちゃんならきっと似合うよ!」

リ「そ、そうか・・・?」

f:id:a0h9i0r3u:20140608223350p:plain

※リゼちゃんイメージ

 

f:id:a0h9i0r3u:20140608223524p:plain

※ココアちゃんイメージ

 

違いすぎる(笑)

まぁ、どちらも似合ってますが。

 

千夜ちゃんが注文されたものを持ってきました。

f:id:a0h9i0r3u:20140608223807p:plain

こちらが「海に映る月と星々」。

白玉栗ぜんざいでした。

 

f:id:a0h9i0r3u:20140608223959p:plain

こちらが「花の都三つ子の宝石」。

三つ子というのはお団子でした。ちなみにあんみつ。

 

f:id:a0h9i0r3u:20140608224240p:plain

そして「黄金の鯱スペシャル」。

タイ焼きを鯱に見立てるとは・・・。

ちなみにあたりまえなんですが、リゼちゃんとチノちゃんが600円、ココアちゃんだけが900円と少しお高めです。

何が出てくるのかわかりませんでしたが、こうしてみてみるとはずれがないですね。

さすがっ!

 

千夜ちゃん、ラビットハウスとのコラボを考えましたが・・・

f:id:a0h9i0r3u:20140608224948p:plain

コ「タオルやトートバッグなんてどうかな?」

チ「私、マグカップ欲しいです。」

千「(・・・料理の方じゃなくて?)」

確かにまずは料理の方からにしましょうよ(笑)

 

チノちゃんはティッピー以外の動物がなつかないという事でしたが、「あんこ」に挑戦!

f:id:a0h9i0r3u:20140608230439p:plain

 

f:id:a0h9i0r3u:20140608230451p:plain

大丈夫だったようですね。

まぁ、この静かなうさぎから逃げるのなんてティッピーぐらいでしょうね(笑)

 

f:id:a0h9i0r3u:20140608230716p:plain

頭に乗せました。

チノちゃんにとってここが1番いいんでしょうね。

でも、ティッピー以外がなつかないって・・・。

チノちゃんの過去が気になりますね。

 

f:id:a0h9i0r3u:20140608231039p:plain

コ「私の下宿先が千夜ちゃんの家だったら、ここでお手伝いさせてもらってたんだろうなぁ。」

千「今からでも来てくれていいのよ?従業員は常時募集中だもの!」

リ「それいいな!」

チ「同じ喫茶店ですし、すぐ慣れますね。」

千「じゃあ、部屋を空けておくからさっそく荷物をまとめてきてね♪」

コ「誰か止めてよぉ~!」

ココアちゃん使い回しですか(笑)

 

というわけで、今回は新たな登場人物「千夜ちゃん」中心の話でした!

が・・・

f:id:a0h9i0r3u:20140608231959p:plain

ティッピーが置いて行かれました(笑)

チノちゃん、あんこを上に乗せたから気づかなかったんでしょうね(笑)

 

ちょっと画像使いすぎましたね。

容量がやばい・・・。

第2羽の感想会でした!

 

今回長すぎ(笑)

語りたいこと全部書いたらこうなるんですね。

というわけで、今回はここまで!

さようなら~